記事一覧

実は、2月に福島在住組の大人が集まったんですよ

CA3J0301.jpg
みなさま
こんにちは
今日は晴れやかないわき市でした。でも、ちょっと風が強かったです。

さて、もう1カ月も前になりますが・・
福島在住組の大人5人で、コーヒータイムさんで集まって、これからのことを話し合いました。

CA3J0300.jpg


2月19日(日)10:30~14時位
二本松市交流センター内 コーヒータイムにて
おいしいコーヒーを飲みながら、ランチは杉乃家さんのなみえ焼そばを食べながら、
食後にもコーヒーを飲みながら、
こころんさんのハートチョコクッキーやいわきの米せんべいをつまみながら、
活発な話し合いが、白河&二本松&いわきからの大人5人で行われました。

CA3J0288.jpg
CA3J0303.jpg


話し合いで出たこと
・今までとこれからの大きな違いは、お金は降ってこない、つくっていく
 →無理せずに出来ることで楽しもう
 →1クールで実施しよう
 →経費を見直そう=至れり尽くせりじゃなくてもいいのでは?
          食事も、簡単メニューや子ども達と当番制もアリ?
          交流会やバーベキューの時は豪華でも、他は普通でよいのでは?
          *出来る範囲で!

・企画ありきでいこう
 →プログラムの見直し(お金がかかるものは場合によってカット)
   内容を変えるチャンスかも?(身の丈に合った・・お金がかからない・・)
   現地の生活体験や作業体験、ボランティアも入れてみては?
   何かをしなくてもいいのでは?=のんびりと宿泊施設で過ごす?
     *子ども達は、一緒に過ごしているだけで楽しんだりしているかも?

・つくれるお金には限りがあるので、場合によっては自己負担が出るかもを伝えよう
 →保護者が自己負担厳しい場合は、事前の作業ボランティアしてもらうことでOKも検討しよう

・ボランティアの労力負担(時間)を減らそう
 →今は、出来ている人もいろいろ事情や状況が変わって、出来なくなるかもしれない・・
  負担なく、協力や引継ぎができるようにしていこう

・各地の保護者にも協力してもらう声をかけよう
 →報告書が出来たら、<2017年の福八はこんな形で~>という手紙と共に
  保護者に、各地区で分担して手渡していく
 
・今年度あった「社会教育団体自然体験活動支援事業 ふくしまっ子体験活動応援補助金事業」に応募したい
 →4月には来年度実施されるかがはっきりする
   ↓
  これに向けて、6泊7日の企画をつくろう
   
以上が、大体の話です。
補足や間違いがあれば、参加者の方、コメント欄にコメントなどをお願いします<(_ _)>

なおみ
スポンサーサイト

コメント

むず~~

こんばんは。
写真を入れるのに一苦労・・。
むず~~(>_<)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fukuhachi

Author:fukuhachi
みんなで創る「福八子どもキャンププロジェクト」(仮)ようこそ!

カテゴリ